帰郷2018年

ゴールデンウィークでしたね。

毎回、前日まで何も決めません。

だって色々高いし、アポ入るし、、、

ですが、今回はたまたま車が借りれたので

初めて岐阜に車で帰ってみようと決めました。

 

が、39歳にして初めて免許取った私。

舐めてました正直。

 

一人だと辛い、、、

運転できる人がもう一人いないときついわw

ですが、なんとか事故もなく到着。

その日は寝て、次の日

 

姪っ子と小さい頃から慣れ親しんだ小倉公園の

展望台から美濃市を見下ろそうと山を登る。

f:id:hynm_matsui:20180515160612j:image

桜の季節だと、山全部が桜色でとても綺麗だが

今年も四月にこれず、新緑の山を登り

 

f:id:hynm_matsui:20180515160626j:image

展望台。

40歳だとまじ疲れる。

姪っ子はひょいひょい登っていく。

 

長良川

f:id:hynm_matsui:20180515160636j:image

少し暗い天気だけど、やっぱりいいなぁ

 

f:id:hynm_matsui:20180515160643j:image

街並み。

 

f:id:hynm_matsui:20180515160659j:image

山から見た長良川に降りて、小さい頃から泳い

でいた場所で涼む。

100年?前からある吊り橋も工事中。

ドラマとかでもよく使われていたが、昔は色も

真っ赤で素敵だったから、戻ってくれると嬉しい。

 

f:id:hynm_matsui:20180515160705j:image

三つあるうちの岩で。

昔はいなかったが、まわりはバーベキューの人

達がすごく増えてる。

車のナンバーが名古屋が多かったから、わざわざ

1時間半くらいかけて、ここまで来てるらしい。

昔だと考えられんが

 

f:id:hynm_matsui:20180515160718j:image

いやー、いいなぁー長良川

 

f:id:hynm_matsui:20180515160730j:image

海と違って川は水が冷たい。

ひと通りはしゃいだら

 

 

f:id:hynm_matsui:20180515160744j:image

うだつの街並み(古い街並みが残ってるのです)

の、これまた小さい頃から通っている「山水」で

ランチ。

そして、姪っ子と共に、「味噌煮込みうどん」

最高です。

おかわりできるわ笑

 

で、疲れたけど

f:id:hynm_matsui:20180515160758j:image

実家にあるギターで新曲を歌って見て夜は

 

f:id:hynm_matsui:20180515160805j:image

おかんと「ニュー柳家食堂」。

これもまた、小さい頃から通った店。

最近夜は並ばないと入れない。

びっくりです。

この日は深夜まで漫画を読んで寝て

 

次の日は郡上八幡へ。

f:id:hynm_matsui:20180515160824j:image

岐阜県との仕事でも来ましたが、その時偶然

入った喫茶店にまた来る。

愛知県の喫茶店文化も凄いらしい?が、岐阜の

喫茶店文化も独特な発展しており、私的には

モーニング含め素晴らしいと思う。

 

で、帰りに

f:id:hynm_matsui:20180515160831j:image

過去の記憶の答え合わせである場所へ。

たまに昔の夢を見るが、本当にその場所なのか

記憶も曖昧。

それを見て見たいなと行ってみる。

うん、あってる笑

 

で、帰る前の日は関市の鰻屋「みよし亭」へ。

f:id:hynm_matsui:20180515160850j:image

歴史的に関市は刀鍛冶か多く、スタミナをつけるために

鰻屋が多く、刀鍛冶は形を変えて刃物屋に

貝印とかね)変わったりしたが鰻屋は残っており

歴史がある美味しい店が多い。

関東とは調理法が違う鰻に慣れ親しんでいるので

実家に帰ると食べにいくことが多いのですよ。

うん、パリパリしてて美味しいです!

 

で、地獄の帰り道。

f:id:hynm_matsui:20180515160858j:image

富士山見える辺が本気で辛かったな笑

眠い、ぼーっとする。

少し渋滞する。

グーグルマップだと4時間くらいだが、行きも帰りも

5時間かかったわ。

次は運転できる人と行こう笑。

どうせ、岐阜は車で行かないと、まじで実家で

寝て帰るだけになるので、今回初の車での

帰郷で色んなところに行けた。

それは楽しい。

 

生まれた景色と、今生活している場所の景色は

全く違うけど、原点を見れば、何故今自分が

ここにいるかを思い出すきっかけになる。