読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熊野古道へ

パリから帰ってきて次の日から熊野古道の旅

 

自分でも無茶なスケジュールだと思いますが

 

行けるとき行っとかないと

また忙しいとか言っていかなくなる可能性あるから

もういっちゃえで旅スタート。

 

羽田から関空に飛んで

そこから車で宿までが初日

 

f:id:hynm_matsui:20170108172554j:image

メンバーはPR01.岡安と

TMWC深澤と

飛行機満席で中央席三並び。

 

f:id:hynm_matsui:20170108172608p:image

旅程は決めてないですが

ハロルド作石さんの「RIN」が大好きなので

13巻?に出て来る熊野古道の旅の

旅程は参考にしようかなと笑

 

が、漫画の中で9-10時間歩いてたので

それは無理と心で思いつつ

関空到着、宿到着。

 

f:id:hynm_matsui:20170108172621j:image

着いてすぐご飯。

和歌山の名産がわからないが

良い宿です。

 

f:id:hynm_matsui:20170108172632j:image

が、2日目は朝七時起きなので1時に寝たら

4時に目がさめる。

 

時差ボケよ、、、

 

全く寝れる気配ないので

起きて温泉入ったり

ゲームしたり

みんなを起こさないように玄関でずっと座ってました。

 

そりゃぁね

そうなるよね。

帰ってきたばかりだしよw

 

移動で疲れるから

寝れると思ったけどなぁ

 

f:id:hynm_matsui:20170108172650j:image

で、7時にみんな起きた時の嬉しさときたら

1人はしゃいで、みんなで朝ごはん

 

はい、テンション高いの俺だけ

 

f:id:hynm_matsui:20170108172703j:image

しかも、前日インターで買った納豆と梅干し持参。

旅館の納豆少ないからさw

 

ディスってないですよ。

納豆が好きなだけです。

パリ帰りだし。

 

さぁ、準備できて出かけよう。

 

f:id:hynm_matsui:20170108172729j:image

到着時暗くてわからなかったが

仙人温泉

と言う川に千人入れるくらいの大きさの温泉があった。

有名らしい。

水着で入るらしい。

朝から何人か入っていた。

 

 

f:id:hynm_matsui:20170108172745j:image

にしても、生まれ故郷の長良川も綺麗だが、

この川も綺麗だなあ

 

f:id:hynm_matsui:20170108172811j:image

早速熊野本宮大社に。

 

 

f:id:hynm_matsui:20170108172824j:image

ふむふむ

 

f:id:hynm_matsui:20170108172846j:image

これです。

思ってたよりも、シンプルで素晴らしい。

平安時代から、数え切れないくらいの

多くの人がここを目指して

多くの人が来て願った想いや

いろんなものがこの場所にある気がする。

 

昨年のお礼と

今年の激動前に

色々決意をお伝えして

 

f:id:hynm_matsui:20170108172904j:image

さて次へ

 

f:id:hynm_matsui:20170108172921j:image

はい、熊野速玉大社へ。

 

f:id:hynm_matsui:20170108172950j:image

ここは赤い。

でも、やっぱりシンプルで素晴らしい。

f:id:hynm_matsui:20170108173000j:image

綺麗だね。

雨で大変だけど

霧もまたなんか良い。

 

f:id:hynm_matsui:20170108173013j:image

岡安ポーズ。

 

本当はこの次の熊野那智大社

大門坂から2時間ほど歩く予定だったが

雨がひどいので、車で途中まで行くことに。

 

 でランチ。

 f:id:hynm_matsui:20170108173027j:image

和歌山名物?

めはり寿司

 f:id:hynm_matsui:20170108173116j:image

中は炊き込みご飯。

美味しいぞーーー。

というか優しい。

海外帰りにこういうのは

嬉しいんだよな。

 

f:id:hynm_matsui:20170108173049j:image

で、熊野那智大社へ。

 

f:id:hynm_matsui:20170108173101j:image

結構急斜面の階段を歩き

 

f:id:hynm_matsui:20170108173128j:image

歩き

 

f:id:hynm_matsui:20170108173139j:image

歩き!

 

f:id:hynm_matsui:20170108173149j:image

中腹部分へ

で、ここからまた歩き

 

f:id:hynm_matsui:20170108173202j:image

到着時。

熊野那智大社写真忘れたが

隣にあった八咫烏を祀ったのは

写真撮ってた。

 

RINにも出て来る八咫烏

未来へ導いてくれる象徴なんだね。

 

お参りしておきました。

 

f:id:hynm_matsui:20170108173211j:image

熊野那智大社の前に

大きな木があって

中を潜れるようになっていて

大人3人で入って見る。

 

 

 

f:id:hynm_matsui:20170108173219j:image

中広い!

そして別の出口から出れるって。

 

樹齢800年くらいの木。

 

熊野が流行ったのが平安時代?とかだから

その当時はまだ生えてなかったんだね。

 

誰かが植えたんだろうなーーー。

 

まさか、何百年後に

こうやっていろんな人が潜るとは思わずに。

 

凄いな。

 

文明の発展もすごいけど

自然がこうなって行くのって

計算してないから

また感慨深い。

 

エジプトのピラミッドとも、また違う感性。

 

f:id:hynm_matsui:20170108173238j:image

そして那智の大滝。

遠くからでも素晴らしい。

 

f:id:hynm_matsui:20170108173246j:image

エジプトで教えてもらったやつを早速笑

 

飲んでますよ!

はい、、、

岡安に

 

「エジプトで無駄なことばかり影響されて」と

 

少し嫌味言われて

 

f:id:hynm_matsui:20170108173300j:image

なんか長寿の水飲める器買って

 

f:id:hynm_matsui:20170108173309j:image

滝の目の前へ!

 

でかい!

 

前に立ってる深澤が195センチ。

 

滝は?笑

 

 

 

f:id:hynm_matsui:20170108173317j:image

もうこの辺では、雨濡れてもいいやって

傘もさしてません。

 

びしょ濡れです。

 

 

で、旅館に戻り温泉入ってご飯待ち。

 

 

本当はもっと熊野古道を歩きたかったが

また来る口実もできたので

まぁ、今回は良しとしよう。

 

でも、昔の人が

すごい苦労して体力使って

ここに来てたのもわかる気がする。

 

熊野のパワーもそうだろうけど

自分に何か宿題を与えて

それをクリアして

次の自分になる前の

儀式的なものに

より大変であり、そして素晴らしい体験になり

それが自然から神に繋がるって

絶対熊野古道を歩いて来た人達は

何か感じて帰って行ったんだろうなぁ

とか思いつつ

 

明日また東京戻ります。